主  催:TOCPA Japan

開催日時:2022年5月23日(月) 14:00~15:30(事例発表他)

開催方法:オンライン配信(Zoom/参加費無料) *録画配信なし

登壇者:株式会社リクルート ICT統括室 木下惠太さん


・600名組織(全36ユニット)の52%に「2 Tier CCPM*」を適用中。

全ての適用済み組織で20%~40%の生産性改善を実現。

・準備、運用装着、定量効果測定までに要した期間は平均2か月~4カ月。


 

追加告知!

イベント当日、以下の皆様からもコメントを頂けることになりました。
・株式会社リクルート ICT統括室 インフラソリューションユニット インフラソリューション部
 部長 石光 直樹さん
・インフラソリューション(ソリューション導入を推進された各ユニットリーダーの皆様)
 梶川 汐里さん(3G)、三好 崇智さん(3G)、島田 翔さん(5G)、加瀬 駿介さん(5G)

今回、私共TOCPA Japanが企画したオンラインイベントでは、株式会社リクルート ICT統括室の木下惠太さんにご登壇いただきます。
 同社でマネジメントを担われる皆様には、2021年初めにTOCPA School Japanのモジュール1「制約を軸にしたマネジメント」、その後、モジュール3「プロジェクト・マネジメント」を多数ご受講いただきました。また、TOCのコアコンセプトと「2 Tier CCPM」の理論を習得していただいた後は、自組織への運用装着、定量効果の測定までを非常に短い期間で実現されました。
 今回開催するオンラインイベントは、これらの活動を統括、推進してこられた木下さんに直接お話を伺う貴重な機会となります。90分間という限られた時間ですが、前半に「TOCソリューション(2 Tier CCPM)の導入とその成果」についてご紹介いただいた後、後半は追加告知欄でお知らせした皆様にも、できるだけたくさんのコメントを頂きたいと思います。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

*2 Tier CCPM: マルチプロジェクト環境向けに新たに考案された制約理論に基づく標準ソリューションです。

<既にお申込みいただいた皆様>
TOCPA Japanからの返信メールが迷惑メールに振分けられる場合がございますので、@tocpractice-japan.comからのメールをご受信いただけるよう設定をお願い致します。
5月20日(金)にご視聴用URL等の情報をお送りしていますが、万が一、届いていない場合はこちらからお問い合わせください。