TOCPA Japanとは:

TOCPA Japan(Theory of Constraints Practitioners Alliance Japan)は、
日本産業界の競争優位性獲得に資することを目指し、TOCPA*のリージョナルプラットホームとして2020年7月に発足しました。

TOCPA Japanは、TOCPAが掲げるモットー「Sharing Experience」を共有します。
TOC**を理解し、TOCを愛し、現実の問題に対処したいと願う人々のための場所であり、そのような人々がTOC
コミュニティに貢献すると同時に、グローバルなコミュニティ内にある豊富な価値(知識や経験)を得るために存在します。

*TOCPA(Theory of Constraints Practitioners Alliance)は、Theory of Constraints(制約理論)を用いて企業や組織がオペレーショナル・エクセレン スを達成することを支援し、それによってもたらされた競争優位性の知見を幅広く共有していくことを目的とした、プロフェショナルのための国際的なプラットフォームです。TOCPAは、2011年に世界8か国のトップTOCエキスパートやプラクティショナーによって設立され、TOCプラクティショナーやTOCに関心のある人々に知識を提供すると共に、日々直面する実際的な問題や課題に取り組むための実践能力を高めるための機会を提供することを目指しています。

**TOC(Theory of Constraints: 制約理論)とは、イスラエル人の物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士によって70年代後半に開発され、現在もなお進化を続けるマネジメント方法論です。システムの目標達成レベルを決めている、ごく少数の「Constraints(制約)」にマネジメントの注意を集中させることで、どんなに複雑な組織でもその「本質的な単純性」を徹底活用できるようにし、システム全体の継続的改善を実現します。

TOCPA Founding Members

TOCPA  Japan(ティーオーシーピーエージャパン)*任意組織
設立 2020年7月
代表 朝稲 啓太
0120-897-524info@tocpractice-japan.com

*TOCPA Japanの運営業務はT Creaに委託しています。